ベビーパウダーでおでこの汗を抑える方法とデメリット

ベビーパウダー ベビーパウダー

汗を吸い取ってくれるベビーパウダーを使えば、おでこの汗の悩みも解消されるのでは?と思いつつも、ベビーパウダーって粉が舞い散りそうでどうなんだろうか・・・という気もしますよね。

一般的に赤ちゃんなどに使っているベビーパウダーは、微細な粒子(粉上のもの)で肌のべたつきを軽減したり、肌の擦れを緩和したりしてくれます。

 

なので、おでこや前髪にベビーパウダーをつければ、汗によるべたつきや前髪がベタっとなるのを防いでくれる効果があるのです。

 

しかし、おでこの汗対策にベビーパウダーをつけすぎると真っ白になって、とてもじゃないけど外を歩けません(笑)

 

どうしようかな?と思ったあなたにおすすめなのは資生堂のベビーパウダーです。

「ベビーパウダー」という名前ですが、粉ではなく固形。

なので、粉の飛び散りなどもなくて使いやすいですよ。

 

ベビー 資生堂ベビーパウダー(プレスド) 50g 【医薬部外品】

朝と昼過ぎくらいの1日2回ほどつければ、おでこの汗もだいぶ楽になるかも。

汗かきだという人は、もう少しつける回数を増やしてもよいと思います。(面倒だけど)

 



おでこの汗対策にベビーパウダーを使うデメリット

ベビーパウダーって安く買えるし、安心して使えるというメリットがあるのですがデメリットも。

 

まず、持ち運びがしやすいものの、粉上のものだとカバンの中で意図せず容器のフタが開いてしまって惨状に・・・

カバンの中を見た瞬間に「なんじゃこりゃ!!!」って思わず叫んでしまいますわ。。。

 

そして、固形状のものでも粉上のものでも共通して言えるのは、どんなに頑張ってもつけた部分が多少は白っぽくなること。

ベビーパウダーって基本的には白色の粉か固形です。

なので、前髪に付けたら黒とか茶色の髪が白っぽくなるし、女性ならば化粧しているうえにつけるのでせっかくの化粧がぼやけることもある。

 

特に黒っぽい服を着ているとき、ベビーパウダーを使っちゃうと粉が服につくこともありますので注意してください。

 

何かと便利で安全なベビーパウダーですが、デメリットも理解しないといけません。

ベビーパウダーが服についているのに気づかず、友人から「フケがいっぱい付いてるよ」と指摘されるかも(笑)

 

ベビーパウダーのデメリットが気になるという人は、顔汗対策クリームの利用がおすすめです。

よくある定期便じゃないと安く買えないとか、1本1万円くらいするというような商品を使う必要はありません。

 

数千円程度のものでも、効果の間違いないものはあります。

例えば、テサランフェイスという顔汗対策クリームはAmazonや楽天でも人気があり、累計27万本の販売実績があります。

女性向け雑誌にも掲載されている商品で、特に女性なら化粧前につけておくだけで1日中効果が持続し、おでこから出る嫌な汗が無くなります。

 

価格は1本3,780円と良心的価格。

化粧直しなど使用頻度によっても異なりますが、1か月くらいは普通に使えます。

 

テサランフェイスはネット通販でどこでも買えますが、初回は公式サイトで購入するのがおすすめ。

なぜなら、2本セットで購入すると1本無料でプレゼントしてもらえるからです。

もちろん、定期便購入などの縛りは一切ありません。

 

しかも、365日返金保証つきなので、使ってみて肌に合わないとか効果が感じられないというようであれば、返品しちゃえばいいだけです。

 

人気商品のため、夏場は在庫が少なくなっていることもありますのでお早めに!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました