自力で治す【ワキガ治療法】は本当にあるのか?

わきが・多汗症の治療

病院(クリニック)に行くのは恥ずかしいし費用もかかります。

できることなら、誰にも知られずにこっそりと自宅でワキガを治したい!

 

自力でワキガ・多汗症を治す方法なんてあるのでしょうか?

 

ということで、ここでは重症、軽症にかかわらず、自分でワキガの症状を緩和する方法について考察・紹介していきます。

もしかすると、今までよりも劇的に嫌なニオイから解放されるかもしれない?



ワキガの嫌なニオイ原因を発生させる細菌の増殖を抑えろ!

ワキガの原因となるのはアポクリン汗腺から出る汗です。

アポクリン汗腺は脇の下、陰部、乳輪、耳の穴など特定の部位にのみ存在し、脇の下の汗が私たちの最大の敵になる。

 

アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質や脂成分が含まれていて、ちょっとベトベトしています。

これだけを聞いても、なんかニオイそう!!と思いますよね。

 

しかし、アポクリン汗腺から分泌される汗そのものにはニオイがほとんどありません。

ここを勘違いしている人は結構多い印象があります。

 

じゃあ、あの卵の腐ったようなニオイとか、スパイシーなニオイ、酸っぱいニオイって何なんだ!?

 

その答えこそ、脇の下にいる細菌です。

細菌は汗の中に含まれるタンパク質などをムシャムシャ食べて、代謝します。

その時に出すのがアンモニアや酢酸などを含んだワキガ特有のニオイ物質なんです。

 

なので、脇の下にいる細菌の増殖を抑えてやることで、ワキガの嫌な臭いの発生を防ぐことが可能になります。

では、細菌増殖の発生を抑える方法について見てみましょう。

 

毛を剃れば、脇に汗がこもりにくくなってニオイが軽減される

体毛は本来、体を守るために生えているとされ、体温を逃がさないようにする役割も持っています。

なので、脇の下に毛があると脇毛が汗をキャッチするのでどうしても湿気もこもります。

 

湿度も温度も高くなれば、細菌にとっては天国です。

増殖しまくりです。

 

なので、脇毛処理をすることはワキガ対策の1つとして有効なのです。

しかし、問題点が1つ。

汗を止めるわけではないので、脇汗で服にシミが出来てしまうということ。。。

 

なので、防臭対応の脇パットを使うとよい。

価格も40枚入りが1500円くらいなので、1枚40円くらいで済みます。

アルコール消毒をする

すでに常在している細菌を消毒し清潔にすることは、ワキガ臭の対策に有効です。

ドラッグストアでも販売されている消毒液や70%エタノールを綿に染み込ませて脇を拭くだけで即効で効果が出ます。

 

朝、出かける前にアルコールで拭いておき、なおかつ、脇パットもアルコール消毒してから着けておけば、かなり効果が高くなります。

細菌のエサとなる汗の中のタンパク質もアルコール消毒することで変性し、細菌がエサとして使えなくなる。

 

アルコールはエタノールを使うのですが、ドラッグストアにも売っていますし、ネットでも手軽に購入できます。

無水エタノールを購入した場合は、エタノール70%に対して精製水30%の割合で混ぜればOK。

精製水が無くても、1週間くらいで使いきれる量なら精製水の代わりに水道水でも問題ありません。

 

エタノールは手術の現場でも利用されており即効性があります。

持続時間はさほど長くなく、人によっても変わるが1~数時間程度ですが、脇を清潔にしてから洗濯した服を着れば、脇のニオイがかなり軽減されますよ。

シャワーを浴びて洗った後に消毒すると効果はさらに期待できる。

 

しかし、肌が敏感なためアルコールで肌が赤くなる人は、肌荒れが少ないように改良された手足用の消毒液を使うのが無難でしょう。

 

焼きミョウバンを使う

焼きミョウバンは日本の奈良時代には薬として使用されており、現在では漬物(ぬか漬け)の発色をよくするために使われることが多い。

この焼きミョウバンですが、実はワキガなどの体臭のニオイ取りにすごく良いとされます。

 

少量を目の粗い布に取り、パフのようにして脇にポンポンと押し当てておくだけで効果が期待できるのです。

ガサガサしたかたまりになっていても、手で簡単に押しつぶせて粉になります。

 

「おばあちゃんの知恵袋」として、ワキガの専門クリニックが無かった時代の人たちがワキガや体臭を取るために考え出した民間対処法の1つでもあります。

 

もちろん、使用するときは脇の下をキレイにしてからですよ。

重曹を使う

重曹も焼きミョウバンと同じく消臭効果があり、昔から漬物にも使われてきました。

使い方は焼きミョウバンと同じですが、わきが特有の衣服に付着する黄色いシミの漂白効果も期待できます。

悪い汗をかいてしまう習慣を見直す

ワキガの原因となるアポクリン汗腺からの汗に含まれる成分は、生活習慣やメンタルによっても日々変化します。

 

生活習慣が良い人

生活習慣が悪い人

どちらの人が汗のニオイが少ないと思いますか?

 

聞くまでもありませんね。

当然、体へのストレスがなく、生活習慣が良い人です。

 

ストレスが汗の質を変化させることは多く報告されており、ストレスの強い環境にいる人ほど細菌によって分解された時に強い臭気を出す物質を作り出してしまいやすいようです。

 

また、食べ物によっても体臭が変化します。

汗の水分や含まれる成分は血液がろ過さたものであり、血液中の老廃物などの影響によって体臭が変化するのです。

 

油っこいものや動物性たんぱく質を食べる頻度を減らす

ワキガ臭を減らすためには、アポクリン汗腺から出るタンパク質や脂質の量を減らせばよい。

そのためには、油ものの摂取量を減らすことが手っ取り早いです。

普段から、唐揚げ、天ぷら、肉(ハム、ステーキ、ベーコンなど)、チーズ、ラーメンなどを食べることが多いひとは、食物繊維の多い野菜や果物を食べる頻度を増やすように意識してみてはいかがでしょう。

 

アルコールの摂取量を減らす

アルコールを摂取すると、肝臓で分解されアセトアルデヒドという物質に変わります。

 

アセトアルデヒドは呼吸で吐き出されるよりも皮膚からゆっくりと時間をかけて放出されるので、飲酒量が多いと体臭になりやすいのです。

つまり、酒飲みの人は体臭がきつくなる傾向にあるということです。

 

食事制限に頼ったダイエットをしていないか?

食事制限によってダイエットをすると、体の中ではエネルギーとしてブドウ糖が足りなくなってきます。

その代わりに、脂質の代謝などによってケトン体という物質が作られるようになる。

 

体内にケトン体が増えてくると、呼気中や体全体から少し甘酸っぱい(果物が腐ったような)ニオイが出るようになります。

これを「ダイエット臭」とも言います。

 

もしかすると、あなたのワキガの臭いは「ダイエット臭」なのかもしれないですよ!

 

ケトン体は運動によって消費されるので、1時間以内の軽いウォーキングや軽めの筋トレでも十分です。

運動すれば、適度な汗をかくことにもなるのでサラサラのニオイの少ない汗が出るようになります。

 

睡眠不足・睡眠の質の低下がないか?

睡眠不足が蓄積すると、体内の活性酸素が増えてしまうため皮膚の上にある脂分が酸化しやすくなります。

 

これだけでも体臭の原因になりますが、睡眠不足によるストレスがアンモニアガス、酢酸ガスといった体臭のもとになる成分を増やすことも分かっています。

これを「疲労臭」と言い、お風呂で一生懸命に体を洗っても消すことができません。

 

日々、ストレスを体感していなくても慢性的な睡眠不足などによっても、体臭の元になる成分が血液中に回りやすくなるので、睡眠の質には注意をしておきたいところです。

 

また、お酒の飲みすぎや病気で肝臓を悪くしていると、肝臓で血液中のアンモニアを解毒する能力が低下してしまうため「疲労臭」が増幅します。

あるいは、便秘によっても同じことが起こりますので心当たりがないか思い返してみましょう。

 

それでもワキガが改善しない場合は・・・

ここまで、いくつかワキガの対処法を紹介しましたが、残念ながらワキガの根本治療は自力ではほぼ不可能です。

ワキガの度合いにもよりますが、軽度の場合はこれまでに示した対処法でもうまくいきますが、重度のワキガであると不十分かもしれません。

 

そのようなワキガを完全に治すためには、やっぱりクリニックに行かないとワキガは治せないのでしょうか?

 

答えはもちろん「イエス」です。

 

どんなに頑張っても、アポクリン汗腺を自力で取り除くことはできません。

 

クリニックに行くお金も勇気も無い。

自力でワキガを治そうとして、あれもこれも試してみる。

結果、振り返ってみると大金を使っていた・・・

 

残念ですが、このような人たちは非常に多い。

お金の面でみると、「クリニック=高い」という印象は間違いありませんが、費用対効果の面でみると、クリニックを利用するのが最も効率的なんです。

 

しかし、こんな声も聞きます。

 

思い切って手術してみたけれど、効果がなかった

 

ネット上には、同じような声がたくさん見られます。

残念ながら、このような結果になってしまった人たちは無駄なお金を使ってしまったことにしかなりません。

 

クリニックはやっぱり費用が高額になるので、本当に効果が出るかどうか不安

手術はちょっと・・・

仕事もあるし、時間がとれない

 

当然、このような声が聞こえてくるのも仕方がありませんね。

でも、手術をするわけでもなく、たった20分でニオイが消える方法があったらどうでしょうか?

 

しかも、再発の可能性がほぼ0(ゼロ)だったら。

 

そんな確約をしてくれるクリニックなんてあるのか?

嘘っぽいな・・・と思うかもしれませんが、ワキガの根治って他の病気と比べると超単純です。

 

汗の原因となるアポクリン汗腺を取り除くだけ。

 

ワキガの手術で失敗してしまうのは、アポクリン汗腺の取り残しがあるからにすぎません。

それは、執刀医の腕に依存するものです。

 

なのに、クリニックそのものの評価として、「あのクリニックは最悪」なんて口コミをしてしまう人がいます。

確かに、そのような医師を雇用しているクリニックにも問題はあるかもしれないが、ちょっと違うと思いませんか?

 

というか、医師の腕によって左右されるような手術を選ぶから、失敗してしまうんです。

 

ならば、誰がやっても確実にワキガを治せる方法で治療してくれるクリニックを選べばいいんです。

誰がやっても確実に治療できる方法・・・

 

それがビューホットです。

 

ビューホットは切らないので、傷跡も残りませんし、術後に特別安静する必要もない。

たった20分で終わるので、仕事への支障も全くない。

 

今、ワキガ治療としてビューホットを選ぶ人は増えています。

治療にかかる費用は30~40万円くらいですが、分割払いを対応しているところがほとんどなので月々1万ちょっとで済んだりします。

 

逆に、それでも高いな・・・とためらって、クリニックに行くのをあきらめる人も多い。

残念ながら、そのような人たちは何年もワキガ対策グッズを購入しては試しということを繰り返し続けるのです。

そして、多くのお金をドブに捨ててしまうことになり、振り返って後悔するんです。

 

永遠と悩み続ける時間をお金で買うという考え方ができる人は、すでにワキガに悩むことなく違うところに時間もお金も使っています。

もちろん、恋愛にも前向きになれている。

 

ワキガで人生が無駄になるなんて思っている人も多いですが、もっと深刻な病気と比べたら全然マシ。

だって、ワキガは根治できるからです。

 

そのためには、クリニック選びは大切です。

このサイトでおススメするのは【名古屋中央クリニック】ですが、他にもクリニックはありますので、探してみてください。

 

男性の方の場合は、男性専門のクリニックがおすすめです。

回りは男だらけなので、女性からの目線も気にしなくていい。

↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました