自力で治す【ワキガ治療法】はあるって本当?

わきが・多汗症の治療



病院(クリニック)に行くのは恥ずかしいし費用もかかります。

できることなら、誰にも知られずにこっそりと自宅でワキガを治したいですよね。

 

自分でワキガを治すためには、その原因から考えていきましょう。

ワキガの原因となる細菌の増殖を抑える

私たちの皮膚には汗を出す汗腺が2種類あり、99%以上が水分からなるサラサラとした汗を出すエクリン汗腺とタンパク質や脂成分を含んだベトベトした汗を出すアポクリン汗腺があります。

エクリン汗腺は全身に分布しますが、アポクリン汗腺は脇の下、陰部、乳輪、耳の穴など特定の部位にのみ存在し、思春期に発達します。

 

これらのうち、ワキガの原因となるのはアポクリン汗腺

 

実は、このアポクリン汗腺から分泌される汗そのものにはニオイがほとんどありません。

汗に含まれるタンパク質成分などが皮膚表面にいる細菌のエサとなり分解されるときに初めて、副産物として硫黄臭がしたり、スパイシーな臭い、酸っぱい臭いが発生するのです。

 

なので、脇の下にいる細菌の増殖を抑えてやることで、ワキガの嫌な臭いの発生を防ぐことが可能になります。

細菌増殖の発生を抑えるにはいくつかの方法があります。

 

毛を剃る

体毛は本来、体を守るために生えているとされ、体温を逃がさないようにする役割も持っており、脇の下に毛があると脇毛が汗をキャッチするのでどうしても湿気もこもります。

湿度も温度も高くなるという環境下では細菌増殖しやすくなりますね。

 

なので、脇毛処理をすることはワキガ対策の1つとして有効なのです。

 

アルコール消毒をする

すでに常在している細菌を消毒し清潔にすることは、ワキガ臭の対策に有効です。

ドラッグストアでも販売されている消毒液や70%エタノールを綿に染み込ませて脇を拭くだけで効果が出ます。

 

エタノールは手術の現場でも利用されており即効性がある。

持続時間はさほど長くなく、人によっても変わるが1~数時間程度です。

シャワーを浴びて洗った後に消毒すると効果はさらに期待できる。

 

しかし、肌が敏感なためアルコールで肌が赤くなる人は、肌荒れが少ないように改良された手足用の消毒液を使うのが無難でしょう。

 

焼きミョウバンを使う

焼きミョウバンは日本の奈良時代には薬として使用されており、現在では漬物(ぬか漬け)の発色をよくするために使われることが多い。

この焼きミョウバンですが、実はワキガなどの体臭のニオイ取りにすごく良いとされます。

 

少量を目の粗い布に取り、パフのようにして脇にポンポンと押し当てておくだけで効果が期待できるのです。

ガサガサしたかたまりになっていても、手で簡単に押しつぶせて粉になります。

もちろん、使用するときは脇の下をキレイにしてからです。

ケンエー 焼ミョウバン 500g 焼きミョウバン

価格:627円
(2020/2/11 19:23時点)
感想(4件)

 

重曹を使う

重曹も焼きミョウバンと同じく消臭効果があり、昔から漬物にも使われてきました。

使い方は焼きミョウバンと同じですが、わきが特有の衣服に付着する黄色いシミの漂白効果も期待できます。

 

吸水性のよい服を着るか汗取りパットを使う

脇の下に汗が溜まれば細菌増殖を助長してしまいますので、できるだけ吸湿性のよい服・速乾性のある服を着るのが好ましい。

汗取りパットの使用も有効です。

 

悪い汗をかいてしまう習慣を見直す

ワキガの原因となるアポクリン汗腺からの汗に含まれる成分は、生活習慣やメンタルによっても日々変化します。

ストレスが汗の質を変化させることは多く報告されており、ストレスの強い環境にいる人ほど細菌によって分解された時に強い臭気を出す物質を作り出してしまいやすいようです。

 

また、食べ物によっても体臭が変化します。

汗の水分や含まれる成分は血液がろ過さたものであり、血液中の老廃物などの影響によって体臭が

 

油っこいものや動物性たんぱく質を食べる頻度を減らす

ワキガ臭を減らすためには、アポクリン汗腺から出るタンパク質や脂質の量を減らせばよい。

そのためには、油ものの摂取量を減らすことが手っ取り早いです。

普段から、唐揚げ、天ぷら、肉(ハム、ステーキ、ベーコンなど)、チーズ、ラーメンなどを食べることが多いひとは、食物繊維の多い野菜や果物を食べる頻度を増やすように意識してみてはいかがでしょう。

 

アルコールの摂取量を減らす

アルコールを摂取すると、肝臓で分解されアセトアルデヒドという物質に変わります。

アセトアルデヒドは呼吸で吐き出されるようりも皮膚からゆっくりと時間をかけて放出されるので、飲酒量が多いと体臭になりやすいのです。

 

食事制限に頼ったダイエットをしていないか?

食事制限によってダイエットをすると、体の中ではエネルギーとしてブドウ糖が足りなくなってきます。

その代わりに、脂質の代謝などによってケトン体という物質が作られるようになり、体内にケトン体が増えてくると、呼気中や体全体から少し甘酸っぱい(果物が腐ったような)ニオイが出るようになります。

これを「ダイエット臭」とも言います。

 

ケトン体は運動によって消費されるので、

1時間以内の軽いウォーキングや軽めの筋トレでも十分です。

運動すれば、適度な汗をかくことにもなるのでサラサラのニオイの少ない汗が出るようになります。

 

睡眠不足・睡眠の質の低下がないか?

睡眠不足が蓄積すると、体内の活性酸素が増えてしまうため皮膚の上にある脂分が酸化しやすくなります。

これだけでも体臭の原因になりますが、睡眠不足によるストレスがアンモニアガス、酢酸ガスといった体臭のもとになる成分を増やすことも分かっています。

 

これを「疲労臭」と言い、お風呂で一生懸命に体を洗っても消すことができません。

日々、ストレスを体感していなくても慢性的な睡眠不足などによっても、体臭の元になる成分が血液中に回りやすくなるので、睡眠の質には注意をしておきたいところです。

 

また、お酒の飲みすぎや病気で肝臓を悪くしていると、肝臓で血液中のアンモニアを解毒する能力が低下してしまうため「疲労臭」が増幅します。

あるいは、便秘によっても同じことが起こりますので心当たりがないか思い返してみましょう。

 

それでもワキガが改善しない場合は・・・

ここまで、いくつかワキガの対処法を紹介しましたが、残念ながらワキガの根本治療は自力ではほぼ不可能です。

ワキガの度合いにもよりますが、軽度の場合はこれまでに示した対処法でもうまくいきますが、重度のワキガであると不十分かもしれません。

 

そのようなワキガを完全に治すためには、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を除去する手術をするか、切らずに治すミラドライなどをクリニックでやってもらうしかありません。

 

ボトックス注射ならば保険適用できるクリニックもありますが、それ以外は自費になります。30~40万円くらいが大体の相場価格でしょう。

とりわけ、ワキガの臭いが気になって人前に立てないとか、人混みの中に入るのが怖いというような精神的な苦痛を感じているならば、できるだけ早めにクリニックを受診されることをおススメします。

 

限界がある自力の方法よりも、正しい治療で素早く悩みから解放されましょう。

タイトルとURLをコピーしました