ワキガの手術費用は保険適用でこんなに安くなる!って知ってた?

直視下摘除法

何としてもワキガを完全に治したい!!

でも手術する費用もそんなに貯金できていないし・・・何とかならないかとお悩みでしょうか?

 

大丈夫です。

保険適用さえできれば、片わき2~5万円程度で手術可能です。

両わきでも4~10万円。

 

もちろん、手術はワキガの完全治療方法と言われている直視下反転剪除法です。

保険適用できる病院を利用すれば、自己負担費用もこんなに安く済むんです。

 

もちろん、どこの病院でも保険適用できるわけではありません。

普通に両わきで30~80万円くらいの費用を請求されてしまう病院だってあります。というか、有名なクリニックでさえもその方が多いです。

 

なので、あなたがすることは1つだけ。

保険適用してくれるクリニックを選ぶ。

これだけです。

 

だからといって適当にクリニックを選んではいけません。

ちゃんと実績があるところを選びましょう。

 



何故、ワキガ手術は保険適用できるところと、できないところがあるのか?

腋臭(ワキガ)は厚生労働省で正式に病気として認められているので、基本的には保険適用ができることになっています。

 

で・す・が!

 

ぶっちゃけたところ、保険適用するかしないかは、それぞれのクリニック(医院)ごとに自由なんです。

保険適用するのは強制ではないのです。

 

なので、患者がどこのクリニックを利用するかを選ぶ権利があるように、クリニック側も保険適用するかしないかを決める自由があるんですね。

ワキガ治療では、あえて保険適用しないということを選択しているクリニックも多いです。

 

ただ、どうしても高額費用になることは否めません。

 

というのも、直視下反転剪除法ではワキガの原因となるアポクリン腺を目視で確認しながら地道に1つ1つ摘出します。

とにかく、要領が悪いと時間が非常にかかってしまうのです。

 

ぶっちゃけ、医師の腕次第ということです。

 

病院も経営維持するためには患者数をこなすか、患者数を少なくして一人当たりの治療費を上げるかどちらかしかないのです。

 

保険適用をしているクリニックでは、複数の医師が手術をこなせるということに加え、豊富な実績のもと、一人一人の医師が最短時間で手術を終えることができるところが多い。

 

だからといって、保険適用してくれるクリニックの方が信頼できるというわけではありません。

あくまでも、そういう考え方もあるということです。

 

とはいえ、我々にとってはお金の問題は番大きいことは間違いありません。

なので、とりあえずは保険適用できるクリニックを探す方がよい。

 

保険適用してくれるクリニックはどこか?

保険適用してくれるクリニックは「ジョウクリニック」や「アイシークリニック」などがあります。

アイシークリニックは東京だけになりますが、ジョウクリニックは東京、愛知、大阪、兵庫、愛媛、高知、沖縄などにもありますので、地方の人にとっては有難いですね。

ワキガの手術で心配なこと

手術痕が残らないだろうか?とか、本当に完治するんだろうか?

クリニックに行くの恥ずかしい。

 

そんな心配もありますね。

実際、手術をした人たちからはこのような声も聞きます。

 

手術をした後、脇に黒ずみができた。

手術をしてから数週間も経つけれど、時々、シャツが擦れると痛みが出ることがある。

 

まず、手術痕については絶対に残らない方法はありません。

だって切るんですから。

でも、限りなく目立たなくはしてもらいますし、そこは経験豊富で腕のある医師に担当してもらえるかどうかによります。

 

大手でも全国に展開しているクリニックだと、多くの医師が在籍しています。

しかし、多くの医師がいるということは技術のバラつきもやっぱり否めないということです。

最終的には「あそこの先生がいいよ」という”人”で決まると思います。

 

美容外科のみならず、医療機関において、本当に困った患者は病院よりも名医を求めます。

ワキガ手術だって同じです。

保険適用できればどこのクリニックでもよいというわけにはいかず、やっぱり実績のある専門医がいるところを選ばないといけません。

 

口コミで手術に失敗した」とか言ってる人は、行く病院を間違えているんじゃなくて、医師との巡り合わせが悪かったとしか言いようがないですよね。

まぁ、医師も最初から名医なわけではないですし、こうやって失敗を繰り返しながら名医になっていくわけですが、そのためにも、申し訳ないけど経験の浅い若輩医師に担当してもらう患者さんが一定数必要なのも事実です。

 

とにかく、手術はメスを入れることになるので、術後は脇の下に違和感が残ります。

数カ月もすれば、黒ずみや痛みも無くなりますが、なかには黒ずみが消えないままという人もいます。

 

そのため、最近では保険適用されないけれども、切らない治療法を選ぶ人が増えています。

 

手術以外のワキガ治療法とは?

たとえば、ビューホットミラドライなどが有名です。

 

これらは皮膚を切ることなく、超音波や熱線によって不要な汗腺(皮脂腺)を焼き落とす方法です。

近年はこちらの手法が主流になりつつあります。

 

 

手術に比べると体への負担が少ない、手術痕の心配がないなどのメリットに加え、医者にとっては手術よりも手軽に短時間の処置ができるメリットもあるからです。

ただ、いかんせん保険適用外なので、どこのクリニックに行っても高額費用が発生してしまうのです。

 

その額、平均して30~50万円ほど。

 

「いやいやいや、そんな金出せないし!!」

と言いたくなる金額です。

これでは、お金の工面がしんどい人にとってはかなりの障壁ですね。

 

それでも、費用さえ貯めることができるのならば手術ではなく、ビューホットやミラドライなどの方法をおススメします。

まとめ

ワキガの手術は、基本的には保険適用できます。

だたし、保険適用にするかどうかはクリニック(病院)が独自に決めてよいことになっているので、まずはカウンセリングで確認しておきましょう。

 

実際にクリニックに行ったら

保険適用のはずなのにダメだった。。。

という人もいます。

 

どういうことか?

 

実は、自分はワキガだと思い込んでいるだけで、それはただの体臭だったりすることもあるのです。

そうなると、ワキガ手術の対象にはならないため、保険適用の治療が受けられなくなるのです。

 

ということから、まずは自分が確実にワキガであるかどうかの診察は受けておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました