【ビューホットならたった20分】ワキガ・多汗症治療のメリット・デメリット

わきが・多汗症の治療

ワキガ・多汗症にもう市販のデオドラントじゃ対処できない・・・

短時間で治療が終わり、何度も通院しなくて済む治療法がないかな?

そう思い、本記事を開いてくださったかもしれませんね。

 

「ビューホットなら、たった20分でワキガ・多汗症が治療できる」

 

この言葉を信じてよいのか?費用は?後遺症はないか?と不安にもなりますよね。

きっと、これまで多汗症治療のことで長く悩んできたことでしょう。

 

ここではビューホットについてそのメリットとデメリットや費用のことなどを紹介します。






ビューホット治療法とは

まずはご存知かもしれませんが、ビューホット治療法について説明しておきます。

脇汗やワキガの治療のために開発された機器の1つで、患者の身体的負担をいかに軽くし、なおかつ短時間で治療できるかということを目的に手術を必要としない治療法として確立されました。

 

脇にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺という2つの汗腺がありますが、特にワキガの原因となるのはアポクリン汗腺。

アポクリン汗腺からは脂質成分やアンモニアが分泌されるため、空気に触れて酸化することで、ワキガ特有のニオイが発生します。

なので、ワキガ治療ではアポクリン汗腺を完全に除去する必要があるのです。

多汗症の場合はエクリン汗腺を除去することで治療ができます。

 

ビューホット治療法ではメスを入れることなく治療できますが、その仕組みは専用の医療機器によってアポクリン汗腺・エクリン汗腺の両方を熱によって破壊することにあります

具体的には、痛みを感じないほど細い針を治療部位に刺し、高周波によって焼き潰します。

 

ビューホットのデメリット

ビューホットでは痛みが無いほど細い針を使うのですが、刺した部分が一時的に内出血することがあります。

しかし、一時的なものなので数日以内に治ります。

また、針を刺した痕はかさぶたになりますが、これも数日で元に戻りますので心配は不要。

 

ビューホットのメリット

とにかく手術をしなくて済むというのは大きなメリットであり、何よりも早ければ20分ほどで治療が終わります。

もちろん痛くありません。

なので、大人から子供まで適用できます。

 

手術や薬物療法には年齢による規制や調整などが必要となるので、それを比べてもビューホットには施術までのハードルが低いと言えます。

 

さらに、ビューホットではメスを入れないので翌日からシャワーも普通に使えますし、効果は翌日からニオイが気になることもなくなります。

汗腺を完全に破壊するため1~2回でワキガ・多汗症が再発することはありません。

要するに、手術をせずに手術したのと同じような結果が得られるということです。

 

もちろん、チチガ(乳輪ワキガ)治療、スソワキガ治療も可能ですし、手汗の悩みにも対応できます。

チチガで悩んでいる人は自分で気付く事が少なく、ベッドで彼氏に乳輪のニオイを指摘されたりすることで初めて気になるようになるのです。

しかしそんな悩みもビューホットをすれば吹っ飛びます。

 

ビューホット治療は保険適用できる?費用はどれくらい?

残念ながら、現在ビューホット治療は保険適用外となっていますので、全額実費です。

概ね30万円(両脇)程度が相場となっているため、費用が高くなってしまいます。

ビューホットを受ける場合は、お金を貯めなければいけません・・・

 

まとめ

ビューホットのメリットとデメリットを比較すると以下のようになります。

 

メリット

  • 短時間(20~30分)で治療が完結する
  • 1~2回の実施で根本治療できるので再発の心配がない
  • 子供から大人まで幅広く使える
  • 痛くない

 

デメリット

  • 針を刺した部分がかさぶたになったり、内出血することはある
  • 保険適用外なのでコストが高くつく
  • どこのクリニックでも実施しているわけではない

 

こんな感じでしょうかね。

 

ワキガ・多汗症を根本治療したいと思っている人は多いですが、金銭的なデメリットになかなか一歩踏み出せないかもしれません。

しかし、色々と市販薬を試し続けてみたりしてお金を使い続けるよりは、お金を貯めてビューホットに投資してしまう方がトータル的には賢い選択となります。

 

ビューホット治療の他にも、切らずに治療できるミラドライ(マイクロ波)と呼ばれる方法もあります。

仕組みは、マイクロ波によって汗腺を熱破壊するのでビューホットと似ており、最近ではビューホットよりもミラドライの方が対応しているクリニックが多いような気がします。

 

気になる方はミラドライについての記事を参照してください。

ミラドライの効果は持続する?再発の心配について

ミラドライが一番安いクリニックはどこだ?有名どころを比較しました

タイトルとURLをコピーしました