手汗対策用のフェノールスルホン酸亜鉛には副作用はない

手汗

手汗対策のデオドラント(制汗剤)に制汗成分としてフェノールスルホン酸亜鉛というものが含まれていることがありますが、これって毒性はないのかと疑問に思ったりしませんか?

あるいは、パラフェノールスルホン酸亜鉛とも表記されます。

 

制汗剤は毎日肌に直接使うものなので、毒性や副作用に注意しないといけません。

もしかすると、毒性が蓄積されて大変なことに・・・

 

しかし、フェノールスルホン酸亜鉛は心配しなくて大丈夫です。

毒性、副作用はありません。



フェノールスルホン酸亜鉛は本当に副作用がないのか?

フェノールスルホン酸亜鉛そのものは刺激性や毒性がほとんどない成分であり、厚生労働省でも認可されているので心配はありません。

 

そのため、多くの制汗商品や化粧品に配合されており、敏感肌の人でも使用できます。

 

厚生労働省で定めているフェノールスルホン酸亜鉛の配合量は100g中2gまでですが、市販されている制汗剤を毎日、複数回使ったところで人体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

フェノールスルホン酸亜鉛が汗を止める仕組み

フェノールスルホン酸亜鉛は出てきた汗に結合して流れ出ないようにする機能をもった成分です。

 

フェノールスルホン酸亜鉛が金属塩であり、特に毛穴や汗腺にあるタンパク質と結合し収れん作用も示します。

この収れん作用によって持続的な制汗作用を示してくれるのです。

 

収れん作用とは、タンパク質を変性させることにより組織や血管を縮める作用のこと

 

皮脂の異常分泌も抑制してくれることから、肌を清潔に保ち、抜け毛も予防してくれる。

なので頭皮に使ってもニオイ対策として使えるのです。

 

フェノールスルホン酸亜鉛は消臭作用に欠かせない成分

Smell

フェノールスルホン酸亜鉛には金属塩であることから、殺菌作用も持ちます。

この殺菌作用こそが、デオドラントの消臭作用には欠かせない成分となっています。

 

汗による臭いは汗に含まれる皮脂成分をエサに繁殖した雑菌が原因ですから、殺菌作用が臭いを抑えることに強く作用しているのです。

 

また、汗腺がフェノールスルホン酸亜鉛によって収縮することで持続的な汗の分泌抑制効果が得られるということは、臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えるということに繋がると言えるのです。

 

フェノールスルホン酸亜鉛の効果が出始めるまでの時間

フェノールスルホン酸亜鉛を含む様々な商品があり、それぞれに「効果がない」といった批判的な口コミは必ずあります。

もちろん、万人に効く制汗剤があるとは言い切れませんし使い方が全員同じであるとも言えないので判断はしにくいですが、一般的には持続的な使用が高い効果を得るためには必須であるとされます。

 

つまり、即効性はないものの数日間の継続使用によって発汗量は確実に減っていくのです。

特に手汗に使用する場合は1日に数回使用することが望ましい。

 

フェノールスルホン酸亜鉛の副作用についてのまとめ

フェノールスルホン酸亜鉛は効果の高い制汗剤成分として広く利用されている他、抗菌剤や防腐剤などにも日常的に使用されています。

それも人体への毒性や副作用がないからです。

 

とりわけ手汗の対策に使用する場合は、継続して使用することが重要です。

毎日使い続けることで、徐々に汗が出にくくなることが実感できるはずです。

タイトルとURLをコピーしました