原因不明の多汗症『原発性多汗症』かどうかをチェックする方法

わきが・多汗症の治療

多汗症の原因には様々な要因があるとされますが、服用している薬の影響であったり、特定の疾患の合併症として起こる二次性の多汗症もある一方、全くの原因不明とされる人もいます。

そういった多汗症のことを「原発性多汗症」と呼びますが、多くは手・足・脇の下といった局所的に大量の汗に悩まされます。

 

中でも、私生活に支障をきたすほどの汗をかく重症者は想像以上に多く、日本全国でも80万人を超えるとされます。(厚生労働省の研究チーム調べ)

  • 手のひらに大量の汗をかいてしまうと他の人と握手ができない。
  • パソコンや電気機器を触っていると、汗で故障してしまう。
  • 紙にメモを書いていると濡れて破れてしまう。
  • いじめのネタにされてしまった。

あなたも、そんな悩みを持っていませんか?

 

ところで、自分自身が原因不明とされる原発性多汗症なのかどうかをまずはチェックしておきたいですよね。とはいっても、病院に行って診察を受けるのも面倒です。

しかし、病院に行かなくてもある程度は自分で推測することはできますし、診断基準となるチェック項目もあります。

 

ここでは、原発性多汗症は何歳頃から発症するのか。

どうやって向き合っていけばよいのか。

どうやって治療したらよいのか。

といったことについて説明します。



原発性多汗症の診断基準と発症年齢

原因不明の原発性局所多汗症であるかどうかをチェックする時には、以下のような項目に当てはまるかどうかが判断基準となります。

 

  • 最初の症状は25歳以下であること多汗症が身体の左右対称にみられること
  • 睡眠中は汗が止まること
  • 週に1回以上は多汗症による弊害を実感していること
  • 家族歴がみられること

 

自分に当てはまっているかどうかを確認してみてください。

発症年齢の他、この中で特に気になることに「家族歴がみられること」が挙げられると思います。

 

実は原発性多汗症の多くは原因不明であるが、おそらくは遺伝的なものではないかということが示唆されつつあるのです。

要するに”生まれつき”ということです。

まだ明確な遺伝子の特定はされていませんが、今後明らかになる可能性は高いでしょう。

 

そして、原発性多汗症の最も発症年齢が多いのは平均13~19歳の思春期です。

原発性多汗症では、腋、足裏、手、頭部、顔などの局所的なものが多く、先ほどの診断基準の他に6ヶ月以上思い当たる明らかな原因がないまま過剰な発汗が認められることが条件となります。

 

もしも原発性多汗症の可能性が考えられる場合はどうしたらいいのか?

先ほどのチェックで原発性多汗症である可能性が考えられる場合、その根本治療法は残念ながらまだ確立されておらず、主に症状を抑える対処療法になります。

治療方法は薬物療法から手術までいくつかの方法がありますが、自分の状況や予算に合わせて考えます。

 

まとめ

原因不明とされる(遺伝的要因も示唆される)原発性多汗症はその発症年齢が若年であることがほとんど。

そのため、発症した多汗症に対する治療や対策もしっかりと吟味する必要があります。

 

いくつかの治療法がある中で、最初はリスクの少ない方法を選択し、成人になってから医師と相談して自己判断の元で根治を目指しても遅くはないかもしれないですね。


タイトルとURLをコピーしました