何故か顔汗が止まらない!その原因と対策法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の大事な打ち合わせ中、暑くもないのに顔汗が滝のように流れ、打ち合わせどころではなくなったり、電車やバスに乗った瞬間に汗が止まらなくなったりすると、気持ち的に息苦しくなります。

「どうして自分だけ ――――――――」

「神様、何とかしてください」

そんな思いをどれだけしたでしょうか。

それに、大量の汗はあまり清潔に見られないため、こまめに拭かないと不潔だと思われてしまう。

予備のタオルやハンカチは手放せないです。

だからこそ

「もう!この顔汗、何とかしたい!!!」

って悩んでいる人に、ここではその原因と対策について紹介したいと思います。

なかには、汗を止めようと薬(プロバンサイン)を使うことを検討する人もいますが、基本的には汗を薬で止めるのはよくないとされます。

それに、プロバンサインは薬であるがゆえに、副作用という心配も残るので、まずは薬を使わない方法を試してみてはいかがでしょうか。

実は、顔汗が特にひどいという人は、薬を使わなくても対処できるかもしれないのです。

何故なら、顔に汗が集中してしまうのは、それなりに理由があるからなんです。

さぁ、あなたも

あれ?顔汗が最近少なくなった?!

と実感してもらえれば幸いです。


sponsored link

顔に汗が集中して出てしまう理由とは

体温調節をするという生理機能を考えれば、全身に汗をかくというのは健康な状態なのです。

だけど、顔にばかり集中して汗をかくというのは、顔以外の部分で汗腺の機能が低下していることが疑えます。

汗腺は使わなければ、退化していくということが知られていて、普段から汗をかきにくい寒い地域に住む人たちは熱帯地方に住む人たちに比べて、全身の機能している汗腺の量が少ないのです。

それと同じように、日本に住む私たちでも普段から汗をかく習慣が少ない人は機能している汗腺の量が減る傾向にあります。

とりわけ、運動不足の人は汗をあまりかかないため、全身の汗腺の機能が衰えてきます。

汗をかかないと、いざという時には体温が上がり過ぎて熱中症にもなりすすくなります。

そのため、体や手足で汗をかかなくなると代わりに顔の汗を増やして熱を下げようとします。

だから、運動不足になると顔汗が増えるというわけです。

顔以外からの汗をかいていない人は運動するかサウナ・岩盤浴がおススメ!

とにかく、普段からあまり顔以外に汗をかかない人は、汗をかく習慣をちょっぴりつけてあげることで、驚くほど顔汗に効果がでます。

運動はあまりできないという人は、サウナや岩盤浴でもOKです。

これなら、スーパー銭湯やジムなどに行けば手軽にできますね。

・・・・・ 体や手足にも汗はかいているけどな。

何だか、原因がちょっと違う気がする・・・。

そんなあなた。

もしも、冷房が効いた部屋の中でも顔汗が止まらないというのならば、自律神経に異常がある可能性も1つ考えられなくもありません。

いわゆる「顔面多汗症」と呼ばれるものです。

神経性の顔面多汗症に対する対策法

ストレスによるものが多いようですが、はっきりとした原因は定かではありません。

病院で診察してもらっても、なかなか治せない病気の1つであるため、あきらめるしかないと考える人も多いですね。

治療が難しい理由は、原因がはっきりとしないから。

確かに自律神経(交感神経)が過剰反応を起こしているから汗が出ているのですが、何故、交感神経が過剰反応しているのかが分からないのです。

交感神経は緊張しているとき、興奮しているとき、運動しているときなどに優位に働きます。

一方で、リラックスしているとき、食事をしているとき、寝ているときなどは、副交感神経が優位になります。

だから、可能な限りリラックスできるように気持ちを整える練習が効果的なのではないかとも言われています。

1つに瞑想座禅という方法もある。

瞑想や座禅は突き詰めていけばキリがありませんが、自律神経を整え、リラックスするために何も特別なことをする必要はありません。

入門的に1日少しの時間、気持ちを落ち着かせ集中することを繰り返せば、脳が変わります。

自律神経は脳が落ち着けば、自然と整えられていくはずなのです。

大きな功績を残した人たちのなかには、多く瞑想を取り入れているそうです。

一定のリズムで「無」の時間を集中する。

それが瞑想の入門です。

もしも、1日10分、15分だけでも時間をつくれるのならば、騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか。

始めよう。瞑想 15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫) [ 宝彩有菜 ]

価格:637円
(2018/8/26 05:13時点)
感想(59件)

もう1つ、対策方法としては、ボトックス注射があり、安定性と安全性ではおそらく、ボトックス注射が広く一般的に多くのクリニックで推奨している方法です。

根本治療ではありませんが、しっかりと汗をとめてくれます。

ただ、顔に注射をすることになるので抵抗感は否めません。

本気でどうしようか?と考えているひとは、まずカウンセリングを受けてみてください。

化粧下地としても使える!顔汗専用のジェル

瞑想は信用できない。

ボトックスはちょっと怖い。

もしも、顔専用の汗をとめるアイテムがあるのなら知りたい。

確かに手汗や脇汗用という塗り薬や市販の制汗剤は多いのですが、意外と顔汗用が少なかったりしますね。

まさか、制汗スプレーを無理やり顔に吹き付けたり、脇や手用のデオドラントを塗るわけにもいきません。

顔は他の部位と比べると、肌が敏感であったりしますので刺激性のあるものは避けたいところです。

  • 塗っても「塗った」ということがわからないもの
  • 女性の場合、化粧した上からでも塗れるもの
  • 効果が長く続くもの
  • 刺激性がないもの
  • 洗顔料で洗えば簡単に落とせるもの

こういった条件は少なくともクリアしたものが欲しいですよね。

薬用ノエミュ』なら朝に塗るだけで、滝のように流れていた汗もピタリと止まります。

いつも前髪が汗で塗れて恥ずかしい思いもしなくなりますし、もしも午後から塗り直しをするときだって、化粧をした上から塗っても効果がでます。

「今日はちょっと気温・湿度が高いなぁ・・・・」

と天気予報を過敏に気にする必要もなくなりますよ。

毎日、予備のハンカチやタオルをカバンに入れて行く必要もありません。

汗で濡れたハンカチのせいで、カバンの中が臭くなることもありません。

☟美容師さんもおススメしている顔汗用ジェル、気になったらどうぞ~

薬用ノエミュ

舞妓さんがやっている ”顔汗をかかない方法” とは

奥ゆかしい雰囲気が町全体を包み込んでいる京都・祇園

そんな町を歩く舞妓さんの後ろ姿は日本文化の良さを感じますね。

あなたは、京都でお座敷遊びを経験したことがあるでしょうか?

舞妓さんをテーマにしたコメディ映画「舞妓Haaaan!!!」だってあります。

舞妓さんって白粉(おしろい)をしていますが、顔汗ダラダラだとヤバイですよね。

でも、汗をかいている様子がありません。

何で?

その理由は、しっかりと顔汗をかかないように対策しているからなんです。

あなたは、「芸者の高帯」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

舞妓さんは顔汗を絶対にかくわけにはいかないのです。

そのため、帯を胸の高い位置できつく結んでいます。

こうすることで顔汗を抑えることができるんです。

専門的には「半側発汗」という呼び方をします。

舞妓さんが活用している方法というだけあって、効果はあります。

なので、もしもあなたが実践するならば、帯を胸のところで締めておけばよいということになります。

とはいえ、まさか着物の帯をしめるわけにはいきませんので

☟こういうものを使いましょう

在庫あり!!【定形外送料無料】汗止め帯ノーマルタイプ 男性にも使いやすい! 薄手のアウターに透けにくい肌色

価格:2,044円
(2018/8/24 22:38時点)
感想(17件)

ちなみに、この方法は顔汗はかきにくくなりますが、そのかわり下半身はビチョビチョになります( *´艸`)

舞妓さんの下半身がビチョビチョって想像すると・・・

顔汗のまとめ

いかがでしたでしょうか。

顔汗が出てしまう主な原因は2つ。

運動不足によって、体から汗が出にくくなっているため、代わりに顔から汗がたくさん出てしまう人。

自律神経に何らかの問題があり汗が出てしまう人。

それぞれに対策法は異なります。

脂肪が多い人や筋肉が少ない人は顔汗をかきやすいという情報があります。

確かに、汗をかきやすいということに間違いはありませんが、 ”顔汗” 限定の話ではありません。

全身的に汗をかきやすいということの誤りです。

太り気味だな・・・・と自覚している人は、ダイエットをしてもよいかもしれませんが、平行して、まずはここで紹介した対策法を試してみてはいかがでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする