医療保険が適用できる「わき汗(多汗症)」とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇汗、手汗などがひどいと、汗の症状を何とかしたいと思いますよね。

でも、病院で治療するにしても、どれくらいの費用がかかるか気になります。

医療保険が適用できる、できないは特に確認しておきたいことの1つだと言えるでしょう。

ここでは、多汗症の治療に医療保険が使えるかどうかということを説明します。

まずは、あなたの汗の状況からチェックが必要なので確認してみてください。


sponsored link

保険適用ができる人とは

2012年から多汗症の治療にも医療保険が適用できるようになりました。

しかし、汗を止めるための全ての治療が対象というわけではありません。

まずは、あなたが医療保険を使えるかどうかということをチェックしないといけないのです。

医療保険を使えるのは、原発性多汗症の人だけで、特にわきの下の汗の多汗症である腋窩多汗症(えきかたかんしょう)のみとなっています。

原発性多汗症とは、特定の疾患や薬の服用などの影響ではなく、原因不明だが汗が沢山出てしまうという症状です。

原発性多汗症であるかどうかをチェックするガイドラインがありますので、まずは自分が該当するかどうか確認をしてください。

原因不明の多汗症『原発性多汗症』かどうかをチェックする方法

他にも、腋窩多汗症の重症度を判定する検査として、発汗量の測定があります。
診察を受ける病院やクリニックにて判定してもらいます。

ヨード紙やヨード液を用いる定性的測定法、重量計測法、換気カプセル法などがあります。

保険適用できる多汗症の治療法とは

多汗症の治療法にはいくつかありますが、腋窩多汗症(えきかたかんしょう)であると診断されると医療保険が使えます。

基本的には塩化アルミニウムの外用が第一選択となると思ってください。

塩化アルミニウムは安全性が高く、手軽に使えるものです。

市販品としてもいくつかの商品が販売されています。

コストが安くつく塩化アルミニウムで脇汗を軽減させる方法

塩化アルミニウムでも効果が十分に得られないと判断された時、現在多くのクリニックで行われているのがボトックス注射です。

ボトックス注射は塩化アルミニウムに次いで安全性の高い治療法でもありますし、5分程度の治療時間で済むのも時間がないという人にとってメリットは大きいでしょう。

さらに、ボトックス注射は1回の治療で半年くらいは効果が持続します。

なので、年に1~2回で済むことも多くの人が利用する理由です。

もちろん、デメリットや副作用も全くないわけではありませんので、詳しくは「多汗症の治療に使うボトックス注射とは?その効果と副作用など」を参考にしてください。

ボトックス注射だけでは効果が薄いという場合は、塩化アルミニウムも併用することがあります。それはクリニックにて相談してください。

ボトックス治療にかかる費用はクリニックによっても差がありますが、保険適用で平均して1~3万円程度が相場となっているようです(診察料は別)。

しかし、人気で来院数の多いクリニックでは、キャンペーンをしていたりもするのでチェックしてみるとよいでしょう。全国に店舗がある東京美容外科は実績も多く、初回7,000円以下でボトックス注射をしてくれますのでおススメです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする