寝苦しい熱帯夜の対策に使いたい、涼しい水循環マット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水循環マット

寝苦しい夏の夜、多くの人が懸念するのがエアコンや扇風機をつけっぱなしにして寝ること。つけっぱなしは体に悪いし電気代がもったいない。でもやっぱり寝苦しい。タイマーをつけるけどタイマーが切れた夜中に暑くて起きてしまう。

これじゃ睡眠不良で体調が悪くなりそうですね。

そんな時には涼しい寝具の水循環マットがありますよ!

これなら、朝までひんやりが続きますし、エアコンに比べて電気代が1/10で済みますので経済的。是非ともこの夏に検討してもらいたいアイテムです。


sponsored link

水循環マットなら「ひんやり」が持続する

熱帯夜の暑さ対策に冷感マット、ジェルマットを購入したけれど、最初はひんやりするけど持続性が無くてガッカリという経験をしたことがあるかもしれません。

ここ数年、この手の冷感マットや冷感枕なるものの市場が大きく拡大しています。

昔は窓を網戸にさえしておけば、夜には涼しい風が入ってきたものですが、地球温暖化の影響なのか都市化の影響なのか、夜でも生ぬるい風しか入ってきません。

エアコンはすごく快適なのですが、網戸にしておいたまま使うと効果が弱くなるのでエアコンもフル活動で電気代もバカになりません。

窓を閉め切ってエアコンをかければ、部屋の温度はすぐに下がるので快適ですが、タイマーが切れた途端に部屋の温度が上がって目が覚めるでしょう。

結局朝までエアコンをつけっぱなしということも・・・これもまた電気代が高くつく。

その点、水循環マットならばマットに温度調整した水を循環しつづけるので、冷感マットのようにひんやり感が無くなることもありませんし、朝まで使っていても電気代はエアコンの1/10だというからかなり経済的です。

マットの上に薄いシーツをかぶせて寝るだけで快適な睡眠が得られるのです。

夏に起こる「寝冷え」も防止できる

どこかの都市伝説じゃないですけれど、扇風機の風を当て続けると死んでしまうという話や噂を聞いたことがありませんか?

あるいは、夜に扇風機をつけっぱなしにして寝ると突然死の恐れがあるとか。

これ、都市伝説のようである意味信憑性はあります。

東洋医学でいう「寝冷え」に相当するものが、持続的な扇風機の風によって起こるのです。

人の体は寝ている時は熱生産量が徐々に低下してきます。

就寝直前から直後くらいは体温が高くて、特に寝苦しく感じるので扇風機の風が心地よく感じます。

しかし、ある一定の時間が経過すると体の内部体温は下がり血流が皮膚表面に多く流れるようになりますので、そこに加えて持続的な扇風機の風が当たると体温の下がり過ぎが起こるのです。

寝冷えになると、胃腸系不良が起こって、食欲減退や下痢・腹痛などの症状がでます。

水循環マットならば、一定の温度に調整して使えるので寝冷えを起こすほど体温を下げる心配もないわけです。

使い方簡単!タイマーもついてる

使い方はめちゃくちゃ簡単です。

水循環をさせるタンクに水を入れて温度設定をし、スイッチを押すだけ。

これ以外は何も必要なしです。

そして、もちろんタイマーも付いているので、必要な人はセットしておけば希望の時間で電源がOFFになるのです。

逆に、就寝前の時間に自動で電源がONになるようにセットすることも可能なので、毎晩の就寝時間がおおよそ決まっている人は、タイマーをセットしておけば就寝時には快適な状態で使えますね。


sponsored link

冬でも温水循環マットとして使える

熱帯夜の寝苦しさ対策に紹介している水循環マットですが、循環する水の温度設定は20℃~48℃なので、冬には温水循環マットとしても使えます。

昔は電気毛布などを使ったこともあるかもしれませんが、体にはあまりよくないという意見も多く、その理由は、体温より高い温度で皮膚を温め続けるので低温火傷になってしまう可能性があるのからです。

一方、温水循環マットならば「人肌」より少し低めの温度に設定することも可能なので、快適な睡眠が得られるのです。

水の入れ替えは月1回でOK

この水循環マットは特別なメンテナンスは必要ありませんが、水の入れ替えはしておかないといけません。

唯一、面倒なのがこの作業ですが月に1回だけです。

あとは持続的に使えますが、注意しておきたいのは数カ月使わないという場合は水を抜いておきましょう。あと、水の入れ替え時にはチューブの接続部に溜まった水が少しこぼれることもありますので、念のためタオルなどを下に敷いて作業することです。

一度使うと快適さがわかる水循環マットですが、この夏に1枚どうでしょうか。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする