フェノールスルホン酸亜鉛の手汗への効果と仕組み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手汗がひどくてハンドタオルが手放せない。

そんな悩みを解消する方法の1つが、デオドラントや制汗性のあるハンドクリームなどを使うことです。

中でも、制汗成分としてフェノールスルホン酸亜鉛というものが含まれているのを見たことがあるかもしれません。

ここでは、フェノールスルホン酸亜鉛とはいったいどのような働きをもつのかについて紹介します。


sponsored link

フェノールスルホン酸亜鉛の制汗作用の仕組み

制汗剤の中には汗腺を物理的にふさいで強制的に汗が出てこないようにするものもありますが、フェノールスルホン酸亜鉛は出てきた汗に結合して流れ出ないようにする機能をもった成分です。

これはフェノールスルホン酸亜鉛が金属塩であり、毛穴や汗腺にあるタンパク質と結合し収れん作用も示すことによります。

この収れん作用によって持続的な制汗作用を示してくれるのです。

フェノールスルホン酸亜鉛には殺菌作用もあるため、デオドラントの消臭作用には欠かせない成分となっています。

汗による臭いは汗に含まれる皮脂成分をエサに繁殖した雑菌が原因ですから、殺菌作用が臭いを抑えることに強く作用しているのです。

また、汗腺がフェノールスルホン酸亜鉛によって収縮することで持続的な汗の分泌抑制効果が得られるということは、臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えるということに繋がると言えるのです。

フェノールスルホン酸亜鉛の副作用は?

肌に直接使用するものであり、時には露出する部分にも使用するかもしれませんので、万が一の副作用を懸念するのは当然のことかと思います。

しかし、フェノールスルホン酸亜鉛そのものは刺激性や毒性がほとんどない成分であり、厚生労働省でも認可されているので心配はない。

それ故、いくつかの制汗商品や化粧品に配合されており、敏感肌の人でも使用できるものは多くある。

ちなみに、厚生労働省で定めているフェノールスルホン酸亜鉛の配合量は100g中2gまでです。

フェノールスルホン酸亜鉛の効果が出始めるまでの時間

フェノールスルホン酸亜鉛を含む様々な商品があり、それぞれに「効果がない」といった批判的な口コミは必ずあります。

もちろん、万人に効く制汗剤があるとは言い切れませんし使い方が全員同じであるとも言えないので判断はしにくいですが、一般的には持続的な使用が高い効果を得るためには必須であるとされます。

つまり、即効性はないものの数日間の継続使用によって発汗量が減ったという実感が得やすいのです。

また、特に手汗に使用する場合は1日に数回使用することが望ましい。

まとめ

フェノールスルホン酸亜鉛は効果の高い制汗剤成分として広く利用されている他、抗菌剤や防腐剤などにも日常的に使用されているので、色々と成分表を見てみると新たな発見ができるかもしれません。

とりわけ手汗の対策に使用する場合は、制汗力も重要ですが使用感もひと際重要になります。

色々なものを持つ手だからこそ、使った後にクリーム独特のベタつきがあっては困りますよね。

また、手を洗ったりするたびに塗り直しをする必要性があるため、持ち運びしやすく人目についた時でも特に違和感のないハンドクリームのような容器に入っていることが望ましい。

【コルクル】はそんな手汗対策に特化して開発された商品ですので、手汗に悩んでいるなら試してみて如何でしょうか。