あがり症で汗がタラタラ・・・をスッキリ解消する方法とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多汗症の原因の1つとして、精神性によるものがあります。

いわゆる緊張するシチュエーションで汗が止まらない・・・というタイプですね。

それなのに、会社のプレゼンやクライアントとの大事な打ち合わせなどで緊張がピークに達して汗がとまらないという「あがり症」に悩む人も多い。

あがり症というのは、緊張により自律神経の交感神経が過剰に反応することによって引き起こされるもの。時にはパニック障害にもなってしまうこともあるのです。

ただ、理屈は分かったとしても簡単には治すことができない・・・

そう思ってしまいますよね。

でも、実はあがり症を克服することができるし、実際に克服した人だっているのです。

もしかすると、あなたが悩むあがり症も克服できるかもしれません。


sponsored link

「あがり症」のような精神性発汗を克服する方法

精神性発汗を誘発する刺激というのは大きくわけて3つあります。

  1. 音・光・痛みなどの五感の刺激によるもの
  2. 怒り・不安・恐怖など心情変化によるもの
  3. 想起・回想(フラッシュバック)などの深い思考によるもの

あがり症の場合、2番目に挙げた心情変化によるところが大きいと言えますが、これらによる精神性発汗という反応は動物として、広く一般的に観察されることなので「自分だけ・・・」と悩む必要は全くありません。

これらは全て新奇な刺激として、私達がその刺激に注意を向けるため発汗が起こるのです。

突然大きな音がしてビックリするとか、大勢の観衆の前に立たないといけないということが例として挙げられるのですが、こうした刺激も新奇性が失われると精神性発汗を伴わなくなるのです。

要するに、刺激に対する「慣れ」が生じるということですね。

精神性の汗の反応も同じような刺激を繰り返していくうちに、次第に減退するということが認められています。

ですから、あがり症を克服する最大の方法は刺激に慣れるしかないと言えるのです。

とは言うものの、その刺激に慣れるということをどうすればできるのか悩んでいるという人も多いことは事実であり、「自分はダメだ・・・」という思い込みがさらに負のスパイラルに陥らせる原因となっていることもある。

そこで、ここでは1つあがり症を克服するためのプログラムを紹介しておこう。


sponsored link

1日20分 あがり症はこれで解消!

「人前に立つと極度にあがってしまう」

そのコンプレックスを解消するとっておきの“プロの方法”があります。

1日たった20分のトレーニングで、あがり症を根本的に解消できるというのです。

パニック・社会不安だった私が克服し、人前でセミナー講師 ができるようになったノウ ハ大全集

「本当に治るの?」

と半信半疑かもしれません。
でもご安心ください。

なぜなら、この方法は小学校5年生でもわかる簡単な方法だからです。

この“プロの方法”は、36年間で65089人ものあがり症を克服させてきた実績日本一のノウハウ。

考案者は話し方教室のベストセラー作家金井英之 氏です。

NHKや日本テレビなどにも出演されているので、もしかするとあなたもご存じかもしれません。

仕事でいちばん大切な話し方の基本45 これ1冊でまわりの信頼と評価をモノにする! [ 金井英之 ]

価格:1,512円
(2018/6/13 07:33時点)


こちらに喜びの感想の声が多数寄せられています。
パニック・社会不安だった私が克服し、人前でセミナー講師 ができるようになったノウ ハ大全集

いかがでしょうか?

あなたもやってみる価値は十分あると確信できたはずです。

金井氏はキッパリと言います。

・あがり症は自分で改善できます

・あなたも人前で堂々と話せます

まずは信じることから始めるしかありませんが、どんな方法であっても途中であきらめることが最大の失敗と言います。

とりあえず騙されたと思って続ければ28日後には、あなたは長年苦しんでいたあがり症というコンプレックスから解放され、幸せな人生を送ることができるはず。

あがり症が克服できれば、汗に悩むこともなし!

自信も持てる明るい未来が待っています。

悩み続けるよりも、まず行動ですね。

パニック・社会不安だった私が克服し、人前でセミナー講師 ができるようになったノウ ハ大全集




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする