汗の種類と匂いの関係を知って「体臭の悩み」を解決する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きっとあなたは汗かきな体質のせいで体臭がひどいと悩んでいることだろう。

そして、ニオイを消すために香水をつけてみたり、制汗剤を使ってみたりしているのではないでしょうか?

しかし、それは所詮ごまかしに過ぎません。

一方で汗の種類と汗のかきかたを知ることで、あなたのように体臭で悩んでいた人がその悩みから解放されている人だっているのです。

何故か?

それは汗に対する適切な対処をしているからです。

汗が臭くなるのには理由があるのです。

また、汗には良い汗と悪い汗の2種類あるということも知っておきましょう。

ここでは、汗の種類と匂いとの関係についてお伝えします。


sponsored link

「2種類の汗」、エクリン線とアポクリン線から出る汗

私たちは暑い時、運動した時、緊張した時、辛いものを食べた時など汗をかきますが、体から出る汗にも種類があるということをご存知でしょうか。

汗をかくという生理現象は私達の体温調節をするための大切な機能であり、汗は皮膚表面にある汗腺という器官から分泌されるのですが、通常は無色透明でニオイもありません。

この図は上側が皮膚表面を示していますが、汗腺に2つのタイプがあるのがわかるはずです。

  • エクリン線
  • アポクリン線

それぞれから分泌される汗の性質と役割が異なり、匂いの原因もその違いによります。

エクリン腺から分泌される汗の特徴

エクリン腺はほとんど全身の皮膚表面に分布する汗腺であり、一般的に認知されているように体温調節のためにサラサラの水のような汗を分泌します。匂いもなく透明であって、その成分は99%が水であり残りはミネラル。俗に良い汗といわれるものです。

手や足の裏など、局所的に大量の汗をかく多汗症の人は、このエクリン腺からの汗の分泌異常が起こっていることがほとんどです。エクリン腺からの汗の分泌を調整しているのは自律神経の1つである交感神経。

アポクリン腺から分泌される汗の特徴

エクリン腺とは別にアポクリン腺からも汗は分泌されます。

アポクリン腺と異なるのは、毛根に寄り添う形で汗腺が存在しているということ。

主に、脇や陰部などに多く分布していて少しベットリした汗が分泌されます。

私達の毛根部には皮脂線というものが存在し、皮脂線から分泌されるものには脂質、タンパク質が含まれており元来は皮膚表面の保湿や保護、あるいは髪の毛の保護の目的で発達した器官であるとされます。

分泌される物質は具体的にグリセリン酸脂肪エステルと呼ばれるもので少し白く濁った乳濁液をしているのが特徴です。

ところが、ストレスを受けたりすると体内に活性酸素が発生しやすくなり、皮脂線からの分泌物が酸化されて悪臭を放つようになると言われています。

また、脂質の分泌は思春期の頃からホルモンの影響を受けて発達することから、フェロモンとも大きく関係しており、異性を惹きつけるための役割も持っているのでしょう。

実際、好きな異性の匂いというものは皮脂線から分泌される匂いだったりするのです。

アポクリン腺から分泌される汗は、こうした皮脂線からの分泌物を含むため色は少しだけ乳白色をしていますが、分泌された汗に匂いはありません。

ところが、汗に含まれる皮脂線からの分泌物が酸化されたり、皮膚表面に付着している細菌のエサとなることで悪臭を放つ物質が作られるのです。


sponsored link

臭い汗をかかないようにするために注意すること

エクリン腺、アポクリン腺それぞれから分泌される汗は機能が異なるのですが匂いの元になるのはアポクリン腺から分泌される汗です。

アポクリン腺から分泌される汗には皮脂線の成分が含まれるのですが、その悪臭を放つ原因になりやすいのは動物性脂肪。

普段から揚げ物や肉類を多く食べるという人はどうしても体臭がきつくなりやすいです。

できるだけ動物性脂肪の摂り過ぎをしないように制限しておくのも体臭を抑える有効手段だと言えます。ただ、肉類の摂取は健康のためにも重要であると言われており、一切口にしないというのも極端なのでほどほどにしましょう。

さらに、エクリン腺から汗をかく習慣もつけるようにした方がよい。

いわゆる汗の質を良くするというのは、体温調節のためのサラサラの汗を適切にかくことができる体をつくるということ。

汗腺は使わなければどんどん退化して、機能しなくなっていきます。

すると、アポクリン腺からの汗の分泌ばかりが優位になり、体臭が強くなるのです。

汗による体臭を改善するための対策法まとめ

私たちがかく汗の機能は体温調節が主であるとされ、その他として異性を惹きつけるためのフェロモンを放つ役割も持つと言われています。

ですが、汗の分泌能は使わなければ筋肉と同じように衰えていきます。

寒冷地に住む人たちは温帯や熱帯に住む人たちに比べて、汗をかく回数が少ないため全身の汗腺数が少ないというのは有名な話です。

このように体温調節をしてくれるサラサラの汗はエクリン線から分泌されますが、その分泌機能が衰えると、その代わりとして体臭の原因となる汗を出すアポクリン腺からの汗の分泌が増加してしまいます。

ですから、普段から全身の汗をかくことのできる体をつくるため、適度の運動をしたり半身浴などでしっかりと汗をかく習慣をつくってみてはいかがでしょうか。

注意しておきたいのは、脱水症です。必ず水分補給は忘れないようにしておいてください。また、エクリン腺からはミネラルも出て行ってしまいますので、大量の汗をかいたあとにはスポーツドリンクなどでミネラルも補充しておいてくださいね。

そして最後に、体臭の一番の原因は食生活にあります。

脂っこいものを食べる回数を意識して減らすだけでも、悩みは軽減されるかもしれませんよ!